MENU
ぐっちー
ブログで宮崎移住
温泉とサーフィンが好きな28歳。飽き性で落ち着きがなくて自由奔放に生きてます。

ブログのおかげで自由になったので宮崎に移住しつつ毎月旅行を楽しんでます。旅行は温泉地か南国が多めで、のんびりと過ごすスタイルです。

ブログが読まれない2つの原因

頑張って記事を書いているのに、ブログが読まれないとツラいですよね。

僕自身もブログを始めて6ヶ月間は鳴かず飛ばずで、しんどい想いをしていました…

この記事ではブログが読まれない2大原因と解決策を紹介します。

ブログが読まれない2大原因

ブログが読まれない原因はズバリ以下の2つのうちのどちらか、もしくは両方です。

  1. 上位表示できていない
  2. タイトルがクリックされない

それぞれ詳しく説明します。

ブログが読まれない原因①上位表示できていない

そもそも上位表示できていない場合には…

  • サイト全体でのSEO対策やSEOライティングができていない
  • デザインが悪くて読みづらい
  • 記事の内容が薄いもしくはズレている
  • 難易度が高いビックキーワードを狙いすぎている

上記のうちのいずれかに該当します。

サイト全体でのSEO対策やSEOライティングができていない

ブログを読まれるようにするには、SEO対策をして上位表示させる必要があります。

ひとことにSEO対策といっても外部SEO対策・内部SEO対策・SEOライティングがあります。

  1. 外部SEO対策:
    いわゆる被リンク対策と思ってOKです。他の方のブログやWebサイトで自分のサイトが紹介されることで、ドメインパワーが上がって上位表示されます。
  2. 内部SEO対策:
    サイト構造を整えてGoogleにどんなサイトか適切に伝える対策です。難易度が高めですが、これができるとグッと上位表示できます。
  3. SEOライティング:
    記事がどんなことについて書いているかGoogleに適切に伝える対策です。タイトルや見出しにキーワードを入れたりするイメージです。

優先順位としては③→②→①ですが、もっとも威力が強いのは①です。

ブログ初心者であれば①は難しいと思うので、まずは③を意識しつつ、余裕ができてきたら①と②に取り組むのがオススメです。

デザインが悪くて読みづらい

サイトのデザインが悪いと、読まれずに離脱されてしまい、結果的に順位低下につながります。

以下の4つを意識すれば、それなりに読みやすい記事になるので取り入れてみてください。

  • 1文もしくは2文ごとくらいに改行する
  • 装飾はバランスよく(読みやすいサイトを参考に)
  • あれやそれなど指示語をあまり使わない
  • デザインはワードプレステーマで整える

とくにワードプレステーマは重要です。

有料ですが、導入することで本格的なブログがカンタンに出来上がり、装飾などもデフォルトで用意されているため、読みやすい文章がかけます。

今もっともオススメなのはSWELLというワードプレステーマであり、このブログで利用しています。

記事の内容が薄いもしくはズレている

検索キーワードに対して、適切な答えを書けていなかったり、内容が薄いことで上位表示しづらくなります。

読者がすぐに自分の記事から離脱して別の記事を読む、という行動をとると、Googleとしては「この記事では問題解決ができなかったのか」と判断し、順位をあげてくれない傾向があります。

たとえばブログ 読まれないと検索したのに、記事の内容がラーメンについてだったとしたらすぐ閉じますよね…?

極端な例ではありますが、おそらくみんなすぐに閉じるため、Googleは順位を下げることでしょう。

なので自分の記事に訪れてくるであろうキーワードを意識してリライトしましょう。

続いて薄い内容を濃くする方法です。

まずは記事にどんなキーワードで流入しているかを、Googleが無料で提供してくれているサーチコンソールで調べます。

上記は、僕が書いた宮古島 観光を狙った記事です。

「つまらない」「行くべき場所」という思いがけないキーワードでも流入があるため、この内容を追加することでより濃い記事にできます。

サーチコンソールで記事ごとに反応しているか調べるのは、検索パフォーマンス>新規>ページ>URL入力でできます。

サーチコンソールは、ヒントがたくさんあるので、ブログをやるなら絶対に活用しましょう。

僕はサーチコンソールのおかげで、お宝キーワードを見つけたことも多々あります…!

難易度が高いビックキーワードを狙いすぎている

ブログ初心者の段階でキャンプのようなビックキーワードを狙っても上位表示されることはありません…

まずはキャンプ トイレ キャンプ 持ち物 夏 キャンプ カバン おすすめ 40代 など2~4語あたりのキーワードを狙いましょう。

目安としては、月間の検索数が100〜500くらいのものを選ぶのがオススメです。

僕の経験上、3,000以上になるとブログを始めて6ヶ月〜1年あたりじゃないと上位にこない印象です。

月間の検索数を調べるのは、Ubersuggestを使えば一発で分かります。

Ubersuggestは無料で使えますが、検索できるのが1日5回くらいなので、注意してください。

Ubersuggestは無料で使えますが、検索できるのが1日5回くらいなので、注意してください。

たとえばキャンプ トイレ だと月間の検索ボリュームが720なので、初心者でも上位表示できる望みはあります。

ブログが読まれない原因②タイトルがクリックされない

仮に上位表示していても、タイトルが悪いとクリックされず読まれません。

クリック率がいいかどうかは、サーチコンソールと一般的なクリック率を照らし合わせることで、判断できます。

一般的なクリック率データは以下です。

検索順位 クリック率
1位 28.5%
2位 15.7%
3位 11.0%
4位 8.0%
5位 7.2%
6位 5.1%
7位 4.0%
8位 3.2%
9位 2.8%
10位 2.5%

引用:Why (almost) everything you knew about Google CTR is no longer valid – SISTRIX

仮に3位なのに、クリック率が11%を切っていたとしたら改善の余地ありです。

上記は掲載順位が4.3位でクリック率(CTR)が7.8%なので、平均よりも0.2%低い状態です。

多少は改善の余地ありかもですが、様子見でもOKだと判断できます。

上記は掲載順位が4位でクリック率が5.3%なので、平均よりも2.7%も低い状態です。

これは改善の余地ありです。

このように、平均クリック率と自分の掲載順位とクリック率を照らし合わせることで、タイトルを変更すべき記事をピックアップできます。

そもそもブログをたくさん読まれる必要はある?

そもそもなのですが、ブログ運営でPV数を追うことは必要なのか?をきちんと考える必要があります。

ブログを始めた理由が「たくさんの方に読まれたい!」というのであれば、PV数を追ったほうがいいでしょう。

ですが稼ぎたくてブログを始めたのであれば、PV数よりも収益性を前提にするのが大切です。

たとえばキャンプ トイレ キャンプ 持ち物 夏 キャンプ あると便利なもの の3つのキーワードで収益性と難易度を考えたときに狙うべきはどれでしょうか?

おそらく以下のような感じです。

キャンプ トイレ キャンプ 持ち物 夏 キャンプ あると便利なもの
月間検索数 720 300 40
難易度 ×
収益性
まとめ ×

PVを追うならキャンプ トイレを狙うべきですが、ブログ初心者で収益化を目指すならキャンプ カバン おすすめ 40代を狙うべきというイメージです。

より掘り下げてみます。

キャンプ トイレで検索する人は、ほぼキャンプ初心者だと思います。キャンプをよくする人ならトイレ事情はすでに知っているはずです。

キャンプ初心者がいきなりトイレがないような難易度が高めなキャンプをすることは考えづらいのは、とくに紹介できる商品などないため、収益を生むとしてもアドセンスくらいでしょう。

キャンプ 持ち物 夏で検索する人も、ほぼキャンプ初心者だと思います。

キャンプ初心者であれば、これからキャンプ道具を揃える可能性が高く、さまざまな商品を購入してくれるので、収益性が高いです。

ですが収益性がかなり高いからこそ、競合も多いです。実際に検索してみると分かりますが、ドメインパワーが強くてブログ初心者では太刀打ちできません…

※ドメインパワーを測るためにエイチレフスという有料ツールを使っています。

DRというのがサイト自体のパワーを示す数字ですが、1位のゴリラキャンプ部で14であり、2位のキャンプハックは72となっています。

14に達するまで1年ほどはかかり、72となると上場企業レベルのサイトの強さです。

※ゴリラキャンプ部が弱いドメインパワーで1位を取れていますが、サイトはかなり作り込まれていました。ちゃんとサイトを作れば上位表示できる希望ではありますが、ブログ初心者ではキツイです…

少し話が逸れましたが、キャンプ あると便利なものなら競合が少なく、なおかつ収益性が高いのでオススメのキーワードです。

7位と10位にはそれほど強くない個人サイトが入っているため、競合が少なく戦いやすいと言えます。

ブログがたくさん読まれる恩恵

収益を追ったほうがいいのですが、PVもあるに越したことはありません。

PV数が多いと、Googleから評価される傾向があります。

全体的な順位の底上げに繋がるため、収益性を追いつつも、競合が少なくてPVが多いキーワードは適度に狙うと、よりスムーズに稼げるようになります。

今回の例でいうとキャンプ トイレなんかは、収益性は少ないもののPV数が取れるのでオススメです。

まとめ

以上、ブログが読まれない2つの原因と対象方法についてでした。この記事がPV・収益アップの参考になれば幸いです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!m(_ _)m

よかったらシェアしてください!